• 知覚過敏について

    みなさまこんにちは。祖師ヶ谷大蔵駅前歯科クリニック 歯科医師 大西です。

    最近は知覚過敏の患者さんが増えてきました。冷たいものを食べるたびにしみるのは大変つらいですね。
    食事は力の源です。コロナ禍で黙食で食べることが増えてきましたが、ぜひ食事は楽しんでもらいたいと思っています。
    まずはよく噛めること、笑顔に自信を持てるようにしっかり歯も治していきましょう。

    知覚過敏については以前朝日新聞に寄稿したものはございましたのでそちらに加筆修正し、紹介させていただきます。

    質問
    最近冷たい物を口にすると、ものすごく歯にしみてつらいです。よく耳にする知覚過敏だと思うのですが、歯科では知覚過敏はどういう治療をするのですか?

    回答

    祖師ヶ谷大蔵駅前歯科クリニック、歯科医師の大西です。

    冷たいものを口に含むとしみるのはつらいですね。夏はアイスも食べますし、冬は水道水が冷たいため一年中冷たいものは口に入ります。

    患者さんの中には冬の空気が歯にしみるという方も少なくありません。

     

    それでは知覚過敏とはどのような状態でしょうか?

     

    知覚過敏とは私たち歯医者では虫歯がないのにしみる状態のことをいいます。

    よくあるしみる原因としては、①しみる部分が外に露出、欠けている。②歯が敏感になっている。が挙げられます。

    歯がしみると表現しますが、実は歯の神経は痛みの感覚しか持っていません。そのため、しみるという感覚は痛みの強弱の感覚の表現になります。

    考えると冷たいのがしみるというのは冷たいものを食べると歯が痛いということですね。

     

    治療法は、原因により異なります。

    ①のしみる部分の露出、欠けている。であればコーティング剤を塗る、もしくは樹脂等で埋める処置を行います。

    ②の歯そのものが敏感になっている状態であれば、知覚過敏抑制剤を塗布し経過を見ます。

    知覚過敏抑制剤Msコート

    知覚過敏抑制剤

    歯肉が退縮してしみてしまっている歯

    歯肉の退縮

    どちらも大事なのはなぜ欠けたか、過敏になってしまったか原因を特定することだと思います。

    かみ合わせにより歯が欠けている、象牙質というしみる部分が露出してしまう、歯茎が下がってしまい根元がしみているなど多岐にわたります。

    かみ合わせ治療、矯正治療、歯ぎしり装置、詰め物の治療など理由を複合的に考えて治療をすることになります。

    また、知覚過敏抑制作用のある歯磨き粉も増えてきました。僕たちもよく患者さんにお勧めしています。

    つらいときはぜひ使用していただけたらと思います。

     

    もちろん虫歯があっても冷たいもの、熱いものはしみますので、そこもしっかり見たうえで総合的な診断が必要です。

    まずは原因を診断するためにレントゲンのみならずお口の中の写真、歯周病の検査を行い相談させていただければと思います。

    祖師ヶ谷大蔵駅前歯科クリニック 歯科医師 大西

  • 自分の歯が全くないがインプラントだと高くなる?

    みなさまこんにちは。
    祖師ヶ谷大蔵駅前歯科クリニック 歯科医師 大西です。

    患者さんからよく聞かれる質問として「歯が全くないけどインプラントだと高くなりますか?」という質問を受けます。

    過去に朝日新聞に寄稿した記事からになります。
    質問内容が患者様からもよく聞かれる内容のため、加筆修正してブログに投稿させていただきます。

    【質問】
    自分の歯が全く無いのですが、やはりインプラント(自由診療)の治療をすると高額治療になってしまうのでしょうか?

    【回答】
    インプラントはほとんどのケースで健康保険は使えません。(口腔がんなどを一部のものは除きます)
    そのため、自由診療になると保険診療と比べて自己負担額はどうしても大きくなってしまいます。

    今回、質問者様は全く歯がないとのことなので保険診療ではプラスチックの総入れ歯での治療法になります。
    歯茎にのせて食べるのが入れ歯です。
    入れ歯が人工の歯茎の部分でお口の歯茎にくっつけます。
    カチッとくっつくわけではないため、入れ歯が大きくて話しにくい、入れ歯そのものが歯に固定されていないので動きやすいのが欠点です。

    それを解消するために歯茎にボルトを手術で入れるのがインプラントになります。

    ただし保険外の診療になるため治療費は保険診療より負担が大きくなります。

    自分の歯が全くない状態から歯をすべてインプラントにすると何本必要になるでしょうか?

    通常、生えてくる歯は上顎14本、下顎14本の合わせて28本あります。(親知らずは除く)
    インプラントは1本あたりの材料費が高価なため、失った28本をすべてインプラントにすると総額はどうしても高くなってしまいますね。

    インプラント埋入前のシミュレーション画像

    インプラントCT画像

     

    しかし、最近はインプラントの本数を減らしてやる方法も増えてきました。

    例えばインプラントを14本を入れる代わりに4本だけインプラントをいれます。
    そして入れ歯をインプラントにつけたロケーター(ボタンのような留め具)で固定する方法です。

    入れ歯もインプラントを4本入れることで小さくできます。また、動きもだいぶ少なくほぼ固定されている状態と変わりません。
    この装置はインプラントオーバーデンチャーといいます。

    義歯をつけるロケーターアバットメント

    ロケーターアバットメント

    ロケーターにて装着した義歯

    インプラント義歯

     

    特に年配の方は選ばれることが多くなりました。

    利点としては主に2点あります。

    1.費用面で14本入れる固定式のインプラントより費用が抑えられる。
    2.歯磨きがしやすく、手が不自由でもお口の中をきれいにしやすい。
    特に、2のメリットはご家族にも喜ばれることが多いです。

    長寿になることはもちろんいいことですが、介護に関わることも多くなりました。
    その中でご家族でも義歯を取り外して歯磨きができることは、歯磨きがしやすくなります。
    これは大きなメリットとなります。

    口腔内の清掃不良になると肺炎を起こしやすくなります。
    特に年輩の方は嚥下機能が低下するため、むせることもできずに口腔内より細菌が気管に流れてしまいます。

    これを誤嚥性肺炎といい、亡くなることも多い危険な肺炎です。

    お口の中をきれいにし、気管に流れる唾液をきれいにすることが誤嚥性肺炎の予防につながります。
    歯周病の治療をしっかり行い、メンテナンスに通うことが大事になります。
    少なくても半年に一回はきれいにしてください。

    最近の研究では、お口の中がきれいなことがコロナ感染症のリスクも下げることがわかってきました。

    また、良く咬めることは胃腸の負担を減らし、認知症予防にもつながります。
    良く咬めると将来の医療費は下げられると言われています。
    インプラント治療は医療費控除が使えるので、所得により5~40%が還付されますのでぜひ申請してください。

    ぜひご自身にあった治療法を相談に来ていただけたらと思います。

    祖師谷大蔵駅前歯科クリニック 歯科医師 大西

ご予約.お問合せ

診療時間

〒157-0073 東京都世田谷区砧8-10-1

小田急線「祖師ヶ谷大蔵駅」南口 徒歩10秒

03-6411-1777※予約最終受付 平日18:00/土曜17:00まで