麻酔の注射の痛みは誰でも苦手だと思います。

当院では麻酔注射時の痛みを軽減する工夫を行っており、子どもから大人まで、多くの患者様にご好評をいただいています。

無痛麻酔の方法

当院の無痛麻酔の方法についてご説明させていただきます。

事前に表面麻酔ジェルを塗布

麻酔ジェル

麻酔注射を打つ歯ぐきの表面に、あらかじめジェル状の表面麻酔を塗っておき歯肉表面の感覚を鈍くさせることで、針が刺さる時のチクッとする刺激を感じさせないようにします。

ほとんどの患者様に「針を刺したことが全然分からなかった」と驚かれます。

表面麻酔ジェルにはフルーツの臭いを配合しており、ジェル自体の味の違和感などはありません。

事前に麻酔液を温めておきます

麻酔カートリッジ

プールや海などで鼻に水が入った時、痛みを感じる理由の一つは冷たい水の温度にあります。

同様に、麻酔液が冷たいまま歯ぐきに入るときには痛みや違和感を感じてしまいます。そうならないように、あらかじめ麻酔液を人間の体温と同程度に温めておくことで、痛みや違和感を軽減します。

小さな工夫ですが、痛みを最大限に抑えることができます。

極細針を使用

麻酔針

麻酔に使用する注射針は、歯科用麻酔針として販売されている中でも一番極細の33ゲージの針を採用しています。

33ゲージとは麻酔針の太さを表す数字で、この数値が高いほど針は細くなります。一般に採血などで使用する針は20ゲージほどですので、33ゲージというのがいかに細い針かがお分かりいただけるのではないでしょうか。

自動麻酔注射器の導入

自動麻酔注射器

麻酔の痛みの原因の1つに麻酔液が入っていく時の圧力があります。なるべく一定の速度で、圧がかかりすぎないように麻酔液を注入していくと、その痛みが生じにくいのですが、人間の手による手打ちではどうしてもその圧力にムラが生じてしまいます。

当院ではこのムラをなくすために、自動麻酔注射器を導入しております。自動麻酔注射器では麻酔液をコンピューターの自動制御により一定の速度でゆっくりと注入していくことができます。

これにより注射時の痛みや違和感を極力減らすことができます。注入したあとは麻酔が効くまでしっかりと待ち時間を取り、治療に入ります。

当院で無痛麻酔を導入した理由

痛くない

30年前の歯科医院ではひっきりなしに患者さんを診ていくという状態で、痛みに配慮するような時代ではありませんでした。その時代の子どもが成人し、昔の歯科治療の痛い・怖いというイメージを持ったまま、歯科受診の足が遠のいているように思います。

歯科医院に行きたくない一番の理由は「痛み」にあると思われ、痛い・怖い思いをしたくないがために、我慢できる痛みやそこまで困らないような虫歯は放置され、早期発見や予防を遅らせる原因の一つになっているように思います。

そのため当院では、歯科医院にもっと気軽に通っていただけるように、痛みをできるだけ取り除くことができる無痛麻酔を導入しました。

当院はその技術力から「手打ちのほうが痛くない」とも言われます

無痛麻酔は歯科麻酔時の痛みをなるべく軽減しようという試みから生まれました。

実は自動麻酔注入器と表面麻酔ジェルを導入している歯科医院は、それほど多くありません。

その理由は、この方法を導入することで、

  • 麻酔に時間を取られてしまうこと
  • 導入に費用がかかる(自動麻酔注入器は高価です)
  • まだまだ手打ちの麻酔注射がベストと信じてやまないDr.も多い

…等が挙げられます。

当院では長年の経験や勘から、手打ちの麻酔注射でもなるべく痛みがないように打つことができます。

しかし極細針を使用して均等な圧で効果的に麻酔液を注入していくことは結構力が要る作業にはなるので、女性のドクターでも力をかけずに打つことができる、ヒューマンエラーを極力回避できるといった点からも自動麻酔注入器を導入するに至りました。

無痛麻酔の方法は、全国の歯科医院にももっと普及が進んでほしいと思っています。

その結果、歯科医院への受診率が増え、早期発見から早期治療に繋がり、歯を失う方が少しでも減ってくれたらいいと願っています。

痛みが苦手な方は、是非とも自動麻酔注入器が導入されている歯科医院の受診を検討してみてください。

ご予約.お問合せ

診療時間

〒157-0073 東京都世田谷区砧8-10-1

小田急線「祖師ヶ谷大蔵駅」南口 徒歩10秒

03-6411-1777※予約最終受付 平日18:00/土曜17:00まで