• 歯磨きの大切さ

    こんにちは。祖師谷大蔵駅前歯科クリニックの歯科衛生士の山本です。

    本日は歯磨きの大切さについてお話ししたいと思います。

    みなさんは毎日歯磨きしていますか?

    1日に何回、歯磨きをしていますか?

    歯磨きは誰しもが習慣的に行なっていますが、なぜ歯磨きをする必要があるのか考えたことがありますか?

    今回は歯磨きの大切さを学び、今日からただ漠然と磨くのではなく様々なポイントを捉えながら歯磨きをしてみましょう。

    歯磨きをする1番の理由はむし歯や歯周病の原因となるプラーク(歯垢)を落とすことです。

    プラークとは生きた細菌の塊です。

    プラークは白くネバネバしていて水に溶けにくく、歯にしっかりと付着しています。イメージとしては台所やお風呂場などの水回りにあるぬめりです。そのため、うがいなどでは簡単に落ちず、歯ブラシでなければきれいに落とすことができません。

    祖師ヶ谷大蔵駅徒歩20秒 歯医者 祖師ヶ谷大蔵駅前歯科クリニック デンタルフロス

    歯ブラシをしないでプラークが溜まるとどうなるの?

    プラークには虫歯をつくるミュータンス菌が棲みつき、糖分を栄養にして酸を出します。この酸は歯の表面の硬いエナメル質を溶かし、虫歯となります。

    プラークが唾液の中のカルシウムやリンと結びついて、歯と歯の間や歯と歯ぐきの間で、石灰化した硬いかたまりを歯石と言います。

    歯石の表面はザラザラしているため、その上にさらにプラークか付着しやすくなります。

    また歯石の除去は、自分で取り除くことができないため、歯科医院にて除去しなければなりません。また歯周病になる最大の原因にもなるので、日頃から歯ブラシでしっかりとプラークを除去することが大切です

    またプラークは口臭の原因になることもあります。プラークに含まれる細菌が、硫化水素(温泉のガスのような臭い)やメチルメルカプタンといった臭いの強いガスを作ります。また虫歯や食べかす、歯周病が進行したときに歯周ポケットから出る膿みも嫌な臭いを発します。

    補助的清掃用具も使いましょう。

    歯の表面のプラークは歯ブラシで簡単に除去できますが、歯と歯の間、歯と歯茎の境目に溜まったプラークは歯ブラシだけで簡単に除去できません。また磨き残しのほとんどが歯ブラシだけでは届かない歯と歯の間のプラークです。

    その際に必要になるのが補助的清掃用具です。補助的清掃用具とはお口の中を掃除する歯ブラシ以外の物を補助的清掃用具と言います。例えば、歯間ブラシ、糸ようじ(デンタルフロス)、タフトブラシ、舌ブラシなどがあります。

    祖師ヶ谷大蔵駅徒歩20秒 歯医者 祖師ヶ谷大蔵駅前歯科クリニック デンタルフロス 歯間ブラシ

    最初はやり方がわからない方もいると思いますが、当院では自分にあった補助的用具や使用方法について説明しますので、お気軽にお尋ねください!
    それでは皆さん、今回の知識を思い出しながら今日の歯磨きも頑張りましょう!

ご予約.お問合せ

診療時間

〒157-0073 東京都世田谷区砧8-10-1

小田急線「祖師ヶ谷大蔵駅」南口 徒歩10秒

03-6411-1777※予約最終受付 平日18:00/土曜17:00まで